ヒマラヤ水晶 ラクシュミー(吉祥天)

小さい写真にマウスをかざしてください。大きい写真が変化します。



闇に現れた、、、何とも美しい光。

うっすらとブラックの付着を纏う、
パワフルなヒマラヤ水晶の中心に、、

まるでそこに光が灯されたように、
美しい透明な姿が彫りだされた、


幸運と富を司るヒンドゥ教の女神、
ラクシュミー。

仏教では吉祥天にあたります。

心に宿るどんな闇をも切り裂いて、
暖かい光の元に、
何かを語りかけてくれそうな、
ガネーシュヒマール産の水晶から、
とても丁寧に彫りだされた、ラクシュミー。

ヒマラヤ水晶そのものが、
ラクシュミーの立ち姿を縁どるように、
うっすらとブラックの付着を背面に纏うので、
まるで闇を照らしているかのように、
見えてきます。

丁度右の腕に、羽衣の彫刻から繋がるように、
天然の水晶の歪みのラインが現れています。
最後の拡大写真でご確認ください。


ストーン産地:ガネーシュヒマール/ネパール
ネパールで手彫りされた、ネワール彫刻

重さ:238g

99mm x 58mm x 30mm
販売価格
型番 SLL030
在庫状況 Sold Out 〜売切れ〜

Member

Category

Contents

Mobile shop

ショップブログ

Miah 〜ミーア〜

日常に、クリスタルの光の持つ神秘を、、、 取り込んでみませんか?
>> blog