水入りヒマラヤ水晶
女神の塔

小さい写真にマウスをかざしてください。大きい写真が変化します。



石の姿そのものが、
まるで慈愛を伝える、光の巻き絵のように、、、

見る角度を変える度、
まるで小さき者を慈しむような姿、
暖かく抱き合う姿、
凛と真っ直ぐに聳える姿、
そしてその背を、そっと支えられるその姿に、

山が私達に何かを伝えようとしているのか、、、

どの側面の姿も、その全てが、
私達の内に存在しているように思えて、

魅入ってしまった、ヒマラヤの石。

女神の塔。


この光の塔に住まう、女神を思わせる、
存在そのものが美しい石です。

一番大きく聳える結晶の背面に、
水の中を動く気泡が見られます。

透明な中に、真っ白に思える石ですが、
時折太陽光の加減によって、極薄にアメジストの紫を垣間見せています。

(↑気づくか気づかないか程度に、極薄です。)

※先端に気にならない程度の極小チップあり。
※背面下部クラックあり。

全体的に、この大きさにしてとても美しい状態です。

産地:ガネーシュヒマール/ネパール

重さ:634g

150 x 83mm x 64mm
販売価格
型番 ULC146
在庫状況 Sold Out 〜売切れ〜

Member

Category

Contents

Mobile shop

ショップブログ

Miah 〜ミーア〜

日常に、クリスタルの光の持つ神秘を、、、 取り込んでみませんか?
>> blog