緑泥ヒマラヤ水晶
立姿サラスバティ

小さい写真にマウスをかざしてください。大きい写真が変化します。



ガネーシュヒマール産の緑泥ヒマラヤ水晶から、
まるで女神の姿が浮かびあがるかのように、、、
丁寧に彫り出された、立ち姿のサラスバティ。

弦を弾く指先や、つま先まで、とても丁寧に彫られており、
魅入ってしまうような、穏やかな優しい表情を宿しています。

水晶内部と背面に、天然の歪みのラインが虹を漂わせ、
内包された緑泥の横からは、鮮やかな虹が現れています。

サラスバティは、ヒンドゥー教の女神様で、
日本では弁財天として知られています。

インドのブラフマー(創造神)の妻。
神々への賛歌の守護者。

学問・芸術を司り、
手にはヴィーナと呼ばれる弦楽器を持っています。

サンスクリットでサラスヴァティーとは水(湖)を持つものの意であり、
水と豊穣の女神であるともされている。



ストーン産地:ガネーシュヒマール/ネパール
ネパールで手彫りされた、ネワール彫刻

重さ:192g

93mm x 49mm x 43mm
販売価格
型番 HSL127
在庫状況 Sold Out 〜売切れ〜

Member

カテゴリーから探す



Contents

Mobile shop

ショップブログ

Miah 〜ミーア〜

日常に、クリスタルの光の持つ神秘を、、、 取り込んでみませんか?
>> blog